猫のエサの正しい量

猫のエサの正しい量

キャットフードには、猫の大きさや体型、体重による摂取量の目安になる量やkcalが記載されているので、適量を守って与えてあげる事が重要です。最近、自分の飼い猫が少し太ってきているなと感じたら、摂取量を少なくして健康に気を配る事も大事になります。ですが、少ない量では猫もすぐ完食してしまうため、物足りなさを感じてしまいます。その様な場合は、低カロリーキャットフードを与える様にする等して、食事のかさを減らさない様にすると良いでしょう。しかし、子猫、妊娠中の猫、授乳中の猫にキャットフードを与える場合は、、少ない摂取量であっても、きちんと定められた栄養量を取る事が可能な物を選び、与える様にしましょう。
 

『年齢別 猫のエサの量と回数』

●生後1か月(体重:0.5㎏)           ●成猫体重 2㎏ 45g/1日あたり  
40g/1日あたり  3~4回/給与回数               3㎏ 65g/1日あたり  
●生後3か月(体重:1.0㎏)                                                  4㎏  85g/1日あたり  
45g/1日あたり  2~3回/給与回数                                        5㎏  110g/1日あたり  
●生後6か月(体重:2.0㎏)                   ※給与回数は全て成猫は「2回」になります。       
60g/1日あたり  2~3回/給与回数
●生後9か月(体重:3.0㎏)
75g/1日あたり  2回/給与回数
 
  • 『猫の食事の回数について』
私達人間と同じ様に、猫も小さい頃は体の機能がしっかり整っている状態では無いので、一番初めはお母さん猫の母乳を飲み発育していきます。その後、離乳食、歯が生え揃って体格も大きくなり、胃のつくりもしっかりしてきたら、徐々に一回に摂取する食事の量も安定していきます。小さい頃は、一度に多くの食事量を取る事が難しいので、一回の食事量の量を少なくし、一日に数回に分けて食事を摂るのが基本です。成長が進めば次第に一回の食事量も増えていき、おのずと一日の食事回数は減っていきます。
 
  • 『子猫の食事について』
私達人間の赤ちゃんと比べて猫の赤ちゃんは、15倍の速さで成長する事を知っていましたか?成猫は猫の年齢で1歳からなのですが、成猫に成長する迄に体重が20~40倍になります。赤ちゃん猫から成猫に成長する期間に最も体が大きくなるため、この時期にしっかり栄養のバランスが取れた食事を与えてあげる事が大事になります。
 
子猫の食事には大きく「授乳期」「離乳期」「子猫用フード期」と3つに分かれてます。それぞれの時期に合った食事の仕方や注意する事を見ていきましょう。
 
  • 【授乳期】
[生後4週間頃迄]:栄養豊富な高脂肪、高タンパクの母乳、または、子猫用ミルクのみで育てる!
・お母さん猫がいる場合
⇨出来る限り母乳与えましょう。母乳は子猫に免疫抗体を与えてくれ細菌やウイルスを防御してくれます。
・お母さん猫がいない場合
子猫用ミルクで代用しましょう。子猫用ミルクには、高脂肪・高タンパクで乳糖が調整されており母乳と同じ様な成分、栄養素になっています。
※子猫用ミルク:温度⇒人肌程度が目安です。
            ミルクの容器⇒子猫用の哺乳瓶
子猫の飲むペースに合わせて与えていく様にして下さい。哺乳瓶を口の中へ押してしまうと、口からミルクが溢れて出てきたり、気管に入ってむせたりしてしまうので注意して与える様にしましょう。
 
  • 【離乳期】
生後4週間を過ぎた頃から子猫に乳歯が生えてくる様になり、食事に関しても母乳・ミルク以外の他の食べ物へも興味を持ち始める時期です。母乳・ミルクの食生活から、徐々にキャットフードと水の食事スタイルにチェンジしていきましょう。
 
[食べ物]
今迄母乳・ミルクの食生活を送ってきた子猫に、急に固形の食べ物を与えても上手に食べる事は出来ません。初めは、飲み込みやすくて柔らかく消化に良い物を用意しておく様にしましょう。
●おススメ食品
・子猫用ウェットフード
・お湯でふにゃふにゃふやかしたドライフード
●食事の際のアドレス
子猫は胃が小さいため、食事の回数を数回に分け少量ずつ食事を与える様にしましょう。
ご飯を食べてくれない…
⇨初めて見るご飯に少し怖がっている可能性があるかも知れません。
~工夫をしてみましょう!~
・ご飯の上にミルクをかけてあげる
・手にご飯を載せて飼い猫が安心して食事出来る様にする
 
[お水]
子猫にとっても水分補給はとても大事です。口に入れる物なので、水はちゃんと清潔で新鮮な物を与えましょう。お水はいつでも飲める様にボウルに入れて用意をしておきます。子猫の中には、あまりお水を飲んでくれない子猫もいるので、数か所に水飲み場を設けたり、ボウルの形やサイズを変えたりして見ましょう。少し工夫をしてあげると飲んでくれる様になる様です。徐々に母乳・ミルクの量を減らし、目安として生後8週頃迄にお水に移行出来る様にしましょう。
 
【子猫用フード期】
8週齢頃を迎えて、毎度しっかり離乳食を摂取し、体重も問題なくきちんと増加していれば離乳は終了です。この頃には固い食べ物も食べる事が出来る様になります。しかし、いきなり上手には食べる事は出来ません。最初はキャットフードを水分を多く含んでいるウェットフードに混ぜてみたり、キャットフードとウェットフードを交互に与えてみたりと、併用した与え方をしていくのがおススメです。
 
『主食は子猫用「総合栄養食」』
体の構造や形成が発達する子猫の時期には、充分に必要な栄養素を摂取する事はとても大切です。
・視覚や骨の成長に必要なビタミン
・新陳代謝を高めるミネラル
・体を作っていくするタンパク質
等、他にも様々猫の体にとって大事な栄養がありますよね。
総合栄養食と言うのは、猫の健康に必要な成分がバランス良く含まれている食品になります。
 
【子猫がエサを食べない】
チェックポイント!
・何時間前にどの程食事量を与えたか?
・食事の際は温かいエサを与えているか?
・離乳食は完了しているか?」
等、病気を疑う前にも飼い猫の食生活に関しても確認してみましょう。何故なら、食事を食べない理由が体調不良では無く、本当にただ食欲が無いケースも考えられるからです。子猫によくあるケースで、遊ばせ過ぎによる睡眠不足で疲れて食欲が無いと言う事があります。


猫のサプリ

キャットフード(お試し)

キャットフードの通販

無添加・国産キャットフード

猫のおやつ

キャットフード アレルギー
 

新着ページ